MENU

CLOSE

AGAの治療法の種類と選び方・選ぶときに気をつけるポイント

AGAの治療法の種類と選び方・選ぶときに気をつけるポイント

109views

カテゴリ:クリニックでAGA治療

最適なAGAの治療法の選び方・選ぶときに気をつけるポイント

AGAの治療法の種類と選び方・選ぶときに気をつけるポイント

様々な治療法が確立されているAGAでは、最適な治療方法を選ぶ上で、以下の3つのポイントを抑えた上で、どの治療法がベストな治療法となるかを選択する必要があります。

  • 治療を受けるために必要な費用
  • 治療から完治や効果が実感できるまでに掛かる期間
  • 治療によって発生する身体への負担

AGA専門外来や皮膚科など、専門の担当医と相談した上で、治療方法を選択して実際の治療へと移ります。

かけられる費用で治療方法の選択肢が変わる

AGA治療には主に発毛・育毛・増毛・植毛の4つの選択肢があります(参考:AGAの4つの治療方法~発毛・育毛・増毛・植毛の違い)。AGA治療は原則として全ての治療法で健康保険による保険適用が認められず、保険外診療として受診しなくてはいけません。AGA治療は保険がきかず全額自己負担になるということです。このことから、治療が終わるまでに多額の費用がかかります。

このため、AGAの治療法の中でも比較的費用が安く済むプロペシアやミノキシジルを用いた投薬療法などを選択する人が多いです。

また、「お金はいくらかかっても良いからできるだけ早く治療したい」というのであれば、自毛植毛を行うことやメソセラピー、最新の治療法であるHARG療法を用いた治療がありますが、自毛植毛は手術になりますし、メソセラピーやHARG療法は頭皮に注射をするため、ある程度の身体的負担や痛みを伴うというリスクを負わなくてはなりません。

このように、それぞれの治療法が持つメリットとデメリットを同時に検討した上で、最終的にどの治療法が最適かを考える事が、ベストな治療法を選ぶ上でのポイントです。

AGAの主な治療方法

AGAの主な治療方法

ミノキシジルを使った投薬方法(発毛促進)

薄毛症状を医学的な見地から取り扱い一つの症状として認定したAGAに最適な治療法として導入されているのが、ミノキシジルを使った療法です。

ミノキシジルとは、元々高血圧の治療を目的に開発された医療成分とそれを用いた医薬品のことで、血管を拡張する作用があることから、逃避内部の毛母細胞へと至る毛細血管を拡張し、発毛に必要な栄養素を円滑に届ける効果をもつ治療薬として用いられています。

適切に活用することで特別な副作用などもほぼないまま効果が実感できる上、育毛効果や薄毛に対する発毛効果も確認されているなど、今もっとも効果的で手軽に実践できる手法として実用段階に至っています。

参考:AGA治療の基本「ミノキシジル」と「フィナステリド(プロペシア等)」の効果や副作用について

プロペシア(フィナステリド)を使った投薬方法(抜け毛を防ぐ)

ミノキシジルと共に、主に内服目的で活用されている治療薬として注目されているのが、プロペシアです。プロペシアとは医薬品名で、この医薬品に含まれるフィナステリドという成分を通じ、薄毛症状を引き起こす原因物質であるDHTの分泌を抑える効果をもたらします。

このDHTという物質によって男性ホルモンが過剰に分泌され、結果として男性特有の薄毛症状であるAGAを発症します。AGAを発現させる原因物質を抑え男性ホルモンの分泌を抑制する為、副作用が一切なくAGAの改善に励む事ができます。

参考:AGA治療の基本「ミノキシジル」と「フィナステリド(プロペシア等)」の効果や副作用について

育毛メソセラピー

内服薬や頭皮に塗布する医薬品ではなく、逃避内部に直接有効成分を注入することによって、逃避内部の細胞生成を促進し、毛母細胞による毛髪育成を促す画期的な治療法として開発されたのが、メソセラピーです。

これは、極細の注射器を用いて逃避内部に直接有効成分を注入する方法で、主にAGA専門クリニックや美容皮膚科などの診療科目で受ける事が可能です。非常に効果が高い一方で、注射による痛みなどが発生するという欠点がみられます。

参考:最新のAGA治療!育毛メソセラピーのメリットとデメリット

HARG療法

メソセラピーと同様に注射器を用いた直接的な治療法でありながら、使用する有効成分が細胞の成長を著しく促進する作用をもった因子を用いるのが、HARG療法です。

再生治療の一環であることから、使用する成長因子も自らの身体から摂取した細胞を培養することによって得ているため、副作用が皆無でアリながら一定の薄毛対策効果が得られる点が特徴です。

参考:HARG療法のメリット・デメリットと注意点