MENU

CLOSE

進行する前に治療しよう!AGAの仕組みと治療方法を徹底解説

進行する前に治療しよう!AGAの仕組みと治療方法を徹底解説

25views

カテゴリ:AGAの基礎知識

薄毛や抜け毛の症状で悩む男性の9割は「AGA(男性型脱毛症)」

進行する前に治療しよう!AGAの仕組みと治療方法を徹底解説

AGAとは「Androgeneti Alopecia」を省略した言葉で、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれています。思春期以降の男性に多くみられる症状であり、日本では20歳から69歳の男性の3人に1がAGAを発症しているといわれてます。その人数は1200万人にのぼり、薄毛や抜け毛の症状で悩む人々の9割は、その原因がAGAだと考えられています。

AGAは男性型脱毛症と呼ばれていますが、実態としては直接的な脱毛症というわけではなく、通常の人間が持っているヘアサイクルを壊して、髪の毛がまともに生えない状態を作り出してしまう症状のことを意味します。

さらに近年は女性の間にもAGAの症状が見られ「FAGA(Femal AGA)」日本語では「女性男性型脱毛症」と呼ばれています。中高年になり女性ホルモンの分泌量が減少することで体内の男性ホルモンが占める割合が増えて、それが本来は男性に多い症状であるAGAを引き起こすと考えられています。FAGAを発症する女性の数は近年急増しており、その人数はすでに300万〜600万人にのぼると推測されています。

AGAは早期発見・早期治療が大事

AGAを発症した場合に見られる主な症状は、生え際が後退してM字形に禿げたり、頭頂部の薄毛や抜け毛が進行するなどです。AGAの進行速度には個人差があり、急速に進行する場合と徐々に進行する場合があります。

治療を行わなければAGAの症状の進行が止まることがなく、その進行具合が発症後に速度を増していく場合もあります。そのため一般的には、AGAは早期治療を行うほうが治療が簡単で治療費の総額が少なく済むといわれています。

AGAの発症原因

AGAの原因は従来まで患者の状態によって遺伝や生活環境の乱れが関連していると考えられていましたが、抜け毛そのものの原因はそれらではなく男性ホルモンが最も大きな要因になっていることが突き止められました。

また、AGAの発症原因は、その25%程度が遺伝的な要因によるものといわれ、両親の片方でもAGAの原因物質を生成する「5α-還元酵素」を活性する遺伝子を持っていると、それを受け継いでAGAを発症する確率が上がると考えられています。偏った食生活や不規則な生活などが原因で薄毛や抜け毛を引き起こす場合には生活改善により治療効果が望めますが、遺伝的な理由の場合だとAGA治療薬を使用する以外での治療は困難になります。

AGAを引き起こす原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)

そしてAGAを引き起こす原因物質が、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの一種です。頭髪には「ヘアサイクル」と呼ばれる3〜6年の周期があり、その中で「成長期」「退行期」「休止期」という3段階の時期を過ごします。

そして髪の毛を太くて長い健康な状態に育てるのが成長期ですが、AGAの原因物質であるDHTは、この成長期を大幅に短くする働きを持っています。この物質が毛根の毛乳頭細胞内にある男性ホルモン受容体と結びつくことで髪の毛の成長が阻害され、抜け落ちやすい痩せ細った状態になるのです。

「髪の毛が抜ける」のは問題ない!丈夫な髪の毛が生えてこないのが問題

人間の髪の毛には、他の細胞と同じようにそれぞれ1本ずつに寿命が存在します。この寿命を決めているのがヘアサイクルで、髪の毛が成長する成長期、髪の毛が抜けたり生えかわりになる退行期や休止期に分かれています。

健康的な人間のヘアサイクルは、質が良くて丈夫な髪の毛がだいたい1日当たりで100本程度は抜けていくのですが、AGAによってヘアサイクルが乱れてしまうとそもそもこの質の良い丈夫な髪の毛が生えてくることができなくなり、髪の毛の抜ける本数もこの倍以上になります。

AGAは、DHTという悪玉の男性ホルモンによって成長の阻害を助長し、このホルモンが働く限りは成長期にまともに髪の毛を育てることができないようになってしまうわけです。結果的に、これが何度も継続すると頭皮にしっかりと定着する髪の毛の本数がどんどん少なくなるので、自然と髪の毛の本数も少なくなっていきます。

AGAの治療方法について

e8d37e9b439bc33b21cc639b662e1df0_s

代表的なAGAの治療成分「フィナステリド」と「ミノキシジル」

AGAの治療に使用される代表的な治療成分が「フィナステリド」と「ミノキシジル」です。

フィナステリドはAGAの原因物質の生成を阻害することで、薄毛や抜け毛などの症状が進行することを抑制する効果を持っています。フィナステリドが配合されたAGA治療薬のプロペシアはAGA治療における高い効果が認められており、世界60ヶ国以上で処方されています。日本でも2005年に厚生労働省の認可を受けて使用されています。

そしてミノキシジルはAGAを発症した患者の発毛を促す効果を持った治療成分です。髪の毛の元になる毛母細胞を増やしたり、そこへ必要な栄養分や酸素を届ける役割を持った血管を作り出したり修復することで、発毛を促す作用を持っています。

一般的にはプロペシアを使用してAGAの進行を抑制し、フィナステリドが配合された発毛剤によって頭髪を豊かにするという形でAGA治療が行われています。

病院やAGA専門クリニックのメリット

AGAの治療薬は海外から個人輸入する以外では、AGA治療を行う病院やAGA専門クリニックなどで処方してもらうことで入手できます。個人輸入してもらう場合より費用が割高になりますが、カウンセリングによって体質やAGAの進行状況を調べることで治療薬を調整してもらえるメリットがあります。

濃度を適切に調整することでAGA治療薬の使用で発症する可能性がある副作用のリスクを下げたり、アレルギー反応がある成分を除外してもらえるので安心して使用できます。また最新治療の「育毛メソセラピー」によって、AGA治療成分を頭皮に直接注入してもらうことも可能です。

AGAの自覚症状があったらすぐに相談を

AGAは、自覚症状があった段階で早急にクリニックに行って相談をしなくてはならない症状であると考えられています。AGAの第一段階の発症が多い年代は20代と考えられており、実際に20代で薄毛になる患者の約3人に1人はこの症状によって薄毛になっていることも統計的な数値から証明されています。

20代では脱毛作用に自覚がない人も多いのですが、これが30代になると生え際が後退してきてしまうので自然と脱毛作用の自覚ができるようになります。問題なのは、DHTによって頭皮にダメージが与えられてしまうと、既に存在している毛母細胞が死滅してしまうことなのです。

毛母細胞が死滅してしまうと手遅れで治療ができなくなる

髪の毛を一から発毛させる毛母細胞がDHTによって死滅してしまうと、後からクリニックで薬でAGA治療を行ったとしても発毛効果を期待することができなくなってしまいます。毛母細胞の死滅は完全な薄毛の原因になってしまうので、自覚症状があった段階ですぐにクリニックに相談に行かなくてはならないのです。

AGAは一般的な日常生活の乱れや疲れでなる薄毛とは異なって、原因が医学的にも解明されている症状です。

薄毛の対策として一般市場に多くの育毛剤や発毛剤が存在しますが、これが多くの人に対して大きな誤解を生み出す原因になっています。

例えば、AGAに関しては医学的な観点から有効であると判断された治療薬しか効果がないということが証明されていますし、何よりもAGAの治療方法が他の薄毛の症状に対して効果があると判断されているということもありません。AGAの薬には副作用もありますので、AGAになっていない健常な人に専用の薬を利用するメリットはないのです。

つまり、AGAの治療と日常生活から生じる薄毛の症状は完全に分けて考えなくてはいけないわけです。AGAの症状の場合には毛母細胞が死滅するケースも考えなくてはいけませんが、AGAではないケースならば毛母細胞が勝手に死滅することはあまりありません。亜鉛やアミノ酸が含まれている製品を利用することで確かに発毛や育毛を促すことは十分可能です。

一方で、AGAであるにもかかわらず毛母細胞に効果を示す一般の製品を利用していた場合には、ずっと間違った方向で薄毛の改善対策をしていたことになります。加えて、市販の育毛剤や発毛剤とクリニックで入手できる薬の費用はそれほど大きな違いはないので、間違った方法で治療をするとそれだけ無駄な費用を支出してしまうことになります。

そうならないようにするためにも、自身の頭皮に必要な正しいAGA治療を実施することが大切なのです。