MENU

CLOSE

AGAや薄毛治療は保険が適用されるの?医療費控除で税金は還付される?

AGAや薄毛治療は保険が適用されるの?医療費控除で税金は還付される?

47views

カテゴリ:AGAコラム

AGAや薄毛治療は保険が適用される?

AGAや薄毛治療は保険が適用されるの?医療費控除で税金は還付される?

AGAや薄毛の治療をする際、費用が高額になるため保険が適用されるかどうかは気になるところです。残念ながらAGAや薄毛の治療は保険適用外のため、治療費は自己負担になります。

AGAや薄毛の治療はなぜ保険が適用されないのでしょうか。そもそも男性型脱毛症であるAGAは、厚生労働省により保険を使ってもよい病気とみなされてはいないからです。AGAは美容整形と同じ分類に分けられており、命に関わる病気とはならないからです。そのため、AGAや薄毛の治療を行う場合は保険の効かない自由診療となり、全額自己負担となるのです。

薄毛というものは加齢とともに進行していく生理現象とされているため、病気や怪我などとは区別されているのです。AGA治療の他に保険適用の病気と認識されず保険適応外となるものには、美容整形やレーシック、インプラントなどがあります。

基本的に薄毛治療というものは、継続することが重要になってきます。しかしながら、全額自己負担である薄毛治療を継続するためには、治療費のことで頭を悩ませてしまう人もいるかもしれません。そのため、費用を抑えるためにはどのような治療法を行っていくのかを事前にしっかりと判断することが大切です。

治療方法とそれぞれの相場について

薄毛の治療方法については、以下の通り大きく分けて4通り考えられます。

1.内服薬での治療

有効成分であるフィナステリドなどを配合したもの。1ヵ月あたり約7,000円〜10,000円程度が相場。

2.外用薬での治療

有効成分であるミノキシジルなどを配合したもの。1ヵ月あたり約7,000円〜8,000円程度が相場。

3.注入治療

有効成分を直接頭皮に注入、あるいは浸透させる治療法。1回あたり30,000円〜90,000円程度が相場。

4.植毛

自分の健康な髪の毛を植毛する治療法。クリニックによって値段は変動しますが、1本あたりの植毛費用が300円〜1,000円程度が相場。例えば、1,000本植毛した場合については、300,000円〜1,000,000円程度と考えられます。これらの治療方法はそれぞれ金額が大きく異なるため、全ての治療を受けようとすると高額な費用になってしまいます。

どのような治療方法を選択していくかは、自分の症状の進行度に合わせて選んでいくことが、費用や治療効果のことを考えても大切になってきます。また、費用を抑えたいからといって、薬を個人的に入手して自己判断で治療を行うことは、症状に合った治療法ではなかったり、効果が全くでなかったりし、逆に時間もお金も掛かってしまう可能性があります。

費用を抑えながら効果を出すためには、AGAクリニックでの専門医のもと、自分の症状に合わせた治療を行っていくことをオススメします。AGAクリニックでは事前に無料カウンセリングを行っており、事前に気になることや疑問点などを詳しく聞くことかできます。

また、その時に詳しい治療方法や治療薬、育毛効果、副作用などについて、説明を受けることができるので安心です。自己判断せず、まずは、AGAクリニックで専門の知識を持った医師に相談することが、薄毛治療の第一歩であると言えるでしょう。

AGAや薄毛の治療費は医療費控除は受けられるの?

AGAや薄毛の治療費は医療費控除は受けられるの?

AGAや薄毛の治療は保険は適用されませんが、では確定申告で税金が還付される「医療費控除」はどうでしょうか?

医療費控除については、最終的には税務署の判断となりますが、薄毛治療は医療費控除の対象になる可能性が高いといえます。

薄毛治療に保険が適応されないのと同じく、容姿を美化する行為の費用は医療費に該当しないという前提があるので、治療行為とみなされない場合は控除の対象とはなりませんが、医師の診断があって、予防ではなく治療が目的で処方されているのであれば、医療費控除の対象になると考えられます。

しかし、結局のところこれは税務署の判断に委ねられることになるのですが、薄毛治療自体が予防ではなくて治療である以上、控除の対象になる可能性があるといえるでしょう。