MENU

CLOSE

ハゲの進行を止めるには食生活から!薄毛治療やAGAに良い食品と悪い食品まとめ

ハゲの進行を止めるには食生活から!薄毛治療やAGAに良い食品と悪い食品まとめ

118views

カテゴリ:自分で薄毛の改善をするセルフケア

薄毛を防ぐ良い食品【牡蠣・レバー・鮭・納豆】

20f4e1d5a374f2febf31e752567db86e_s

牡蠣

牡蠣が豊富に含んでいる亜鉛には、乾燥を防ぐことで頭皮環境を整えたり、毛母細胞の細胞分裂を活性化することで髪の毛を太く育て、薄毛を治療するなどの育毛効果があります。

そして亜鉛には「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれる薄毛原因の約9割を占める症状を予防したり、症状の進行を抑制する効果があります。AGAは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンの一種の働きが原因で発症し、その症状が進行します。

そしてDHTの生成に関わっているのが「5α-還元酵素」という物質です。しかし亜鉛はこの5α-還元酵素のは働きを抑制する効果を持っているため、結果的にAGA治療の効果を発揮することができます。しかし、亜鉛には大量に摂取すると腎臓障害を引き起こすなどの副作用があるため、過剰摂取しないように注意が必要です。

レバー

レバーには様々な育毛効果を持っている亜鉛や、髪の毛を作る時に材料となるたんぱく質などが豊富に含まれています。そして育毛において大切な、頭皮の血行促進の効果を持っているビタミンAや、髪の毛に悪影響を与える皮脂の過剰分泌を抑制するなど頭皮環境を整える効果を持つビタミンB群など、育毛の手助けになる成分が数多く含まれています。

鮭には髪の毛の元となるたんぱく質が豊富に含まれています。またEPAやDHAなどの悪玉コレステロールを抑制して血行を促進する効果を持つ成分を多く含んでいるため、頭皮の血行促進による育毛効果が期待できます。

そして鮭の赤色を作りだす天然色素である「アスタキサンチン」は、コエンザイムQ10と較べて約800倍、βカロテンと較べて約40倍という非常に強力な抗酸化作用を持つ成分であり、眼精疲労の回復や動脈硬化の予防といった多くの健康的な効果を発揮します。

そして、その中には「IGF-1」という成長因子の生成を促す働きも含まれています。IGF-1には髪の毛の元である毛母細胞を刺激して増やす働きがあるため、高い育毛効果が期待できます。

納豆

納豆には髪の毛の元になる良質なたんぱく質が豊富に含まれています。また、大豆に含まれている「イソフラボン」は女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをすることで「植物性エストロゲン」と呼ばれている成分です。

この女性ホルモン同様の働きをするイソフラボンを多く摂取することで、男性ホルモンの過剰分泌を抑制できます。AGAの発症や進行はDHTという男性ホルモンの一種が原因であるため、結果的に薄毛や抜け毛の症状を予防したり抑制する効果が得られます。

さらに、納豆にだけ含まれるナットウキナーゼという酵素は血行促進の効果を持っているため、頭皮の血行を促進することによる育毛効果が期待できます

薄毛を進行させる悪い食品【お酒・高脂肪の食品】

2fb28f5a653868de9ef50b21a880c0ab_s

お酒

お酒を飲むと体内に入ったアルコールは肝臓に運ばれて分解されます。その際にあるコールは「アセトアルデヒド」という毒性の物質に変わりますが、通常は解毒されて酢酸という無害な物質になります。

しかし、お酒を飲みすぎたり何らかの理由で肝臓の働きが弱っている場合、飲酒後に発生したアセトアルデヒドを解毒しきれなくなります。その結果、解毒されなかったアセトアルデヒドが体内に拡散して、身体に様々な悪影響を及ぼします。

その際に体内のテストステロンがAGAの原因物質であるDHTに変えられることで、AGAを発症したり、その症状が進行する原因になります。AGAは一度でも発症すると治療するまで薄毛や抜け毛が進行し続ける症状です。

早期に治療開始するほど治療費用が安く済むため、症状に気づいたらすぐにAGA専門クリニックなどで治療を始める必要があります。

高脂肪の食品

肉料理などの動物性脂肪を豊富に含んだ食品を多く摂取することは、頭皮の皮脂が過剰分泌される原因になります。皮脂の分泌量が増えると毛穴が詰まりやすくなり、その結果髪の毛の正常が成長が阻害されて痩せ細った抜け落ちやすい髪の毛になります。

また動物性脂肪は血管を詰まらせて頭皮の血行不良を引き起こす原因になります。その影響により髪の毛が成長するために必要な栄養分などが充分に届けられず、薄毛や抜け毛を引き起こす原因になります。