MENU

CLOSE

育毛に効果的な成長因子を直接頭皮に注入するHARG治療

育毛に効果的な成長因子を直接頭皮に注入するHARG治療

236views

カテゴリ:AGAクリニックでの治療を知ろう

成長因子が髪の毛の生成を司る細胞を蘇らせる

育毛に効果的な成長因子を直接頭皮に注入するHARG治療

成長因子という言葉を聞いたことがあるでしょうか。この成長因子という成分はもともと美容の世界で取り上げられることが多かったものになります。人間の体には「ヒト成長ホルモン」というホルモンが分泌されています。このヒト成長ホルモンによって、体内の各器官はその働きを維持しているのですが、このヒト成長ホルモンは20代後半からどんどん減少していきます。

その結果として体に現れるのが老化になります。このヒト成長ホルモンを活性化させる効果があるものが成長因子になります。このヒト成長ホルモンが活性化することによって、細胞分裂が活発化して老化を食い止めることができ、若いころと同じようなみずみずしい肌を取り戻すことができます。

ところで、この成長因子ですが、育毛の世界においても薄毛治療に効果があるとして注目を集めるようになってきています。成長因子を取り込んでやることにより、毛母細胞と呼ばれる髪の毛の生成をつかさどる細胞の働きを蘇らせる効果があるとされています。

髪の毛の成長にいいとされる栄養分をいくら摂取してもこの毛母細胞が眠ったままの状態では全く薄毛症状の改善は期待できません。したがって、この成長因子で毛母細胞の働きを活性化させることは育毛剤などの力を最大限引き出すうえで非常に大切になってきます。

AGAクリニックの治療でも使われる成長因子

b5a5694c1252119d4c58696c1bc21ea1_s

市販の育毛剤にも成長因子が配合されているものが増えてきています。また、AGA治療を専門で行うAGAクリニックにおいても成長因子は薄毛治療に取り入れられています。

AGAクリニックにおいては基本的には投薬治療をベースとしてAGA治療を進めていく形になります。

ただし、このような投薬治療は毛母細胞が活動している場合には効果を発揮しますが、毛母細胞自体が活動を停止している場合は投薬治療は効果がありません。毛母細胞が活動を停止しているといくら育毛成分を体内に取り込んでも髪の毛が新しく生成されることはないんです。AGAの症状が進行している患者の場合には活動が停止してる毛母細胞が多数存在しているため、投薬だけの治療では薄毛症状の改善は難しくなってきます。

このような場合、AGAクリニックにおいては成長因子を直接頭皮に注入するという治療方法をとる場合があります。

成長因子を直接頭皮に注入するHARG治療

このような治療法の代表例としてはHARG治療と言われるものがあります。このHARG治療においては成長因子や髪の毛の発育に必要な栄養分を配合したHARGカクテルというものを直接頭皮に注入していくことになります。

また、このような成長因子を用いた治療については、自分自身の体内にもともと存在している成長因子を使用して細胞の活性化を行っています。そのため、育毛剤の投薬治療においてはよく見られる副作用の心配がないということが大きなメリットとされています。ただ、HARG治療については通常の投薬によるAGA治療と比較すると、費用が高くなってしまうというデメリットがあります。参考:HARG療法のメリット・デメリットと注意点

「AGAクリニックでの治療を知ろう」の記事一覧へ