MENU

CLOSE

大学生でもAGAになる?学生なのに髪の毛が薄毛になってきた時の対処法

大学生でもAGAになる?学生なのに髪の毛が薄毛になってきた時の対処法

310views

カテゴリ:AGAコラム

大学生でAGA(髪の毛が抜けて薄毛)になるケースは存在する

a2dd8e227e459da7cc204f1d09686fca_s

不摂生な日々を過ごせば大学生AGA・薄毛となるリスクは高まる

AGA、つまり髪の毛が抜けていき薄毛になってしまうのは中年になってからのものだと油断することはできません。何故なら、大学生だけではなく高校生でもAGAになる可能性があるからです。実際に若くしてAGAになり悩んでいる若者は少なくありません。では何故本来であれば健康的な頭皮をしているはずの大学生がAGA、薄毛になってしまうのでしょうか。

その原因は遺伝や体質なども関係しますが、それと同じくらい重要なAGAの原因となることがあります。それは不摂生です。たとえ年齢が若かったとしても、睡眠不足、運動不足などの不摂生な暮らしを続ければ、AGA・薄毛となるリスクは高まってしまうのです。

過度なストレス、加工食品の食べ過ぎがAGAを引き起こす

前述したように年齢が若かったとしても、不摂生な日々を過ごせばAGA・薄毛となるリスクは高くなります。では一体なぜ不摂生によってAGAは引き起こされてしまうのでしょうか。その一番の原因は血液の汚れです。髪の毛は栄養が届けられることによって正常な毛周期というサイクルを繰り返します。

血液が血管を通って毛母細胞までしっかりと栄養を送り届けるからこそ、髪の毛は正常なサイクルを繰り返すことができるのです。不摂生が続けば、結果として血液は汚れていきます。血液が汚れれば、頭皮の毛細血管までしっかりと栄養が届けられなくなる可能性が高まるのです。つまり不摂生な日々を過ごすことは、間接的に頭皮にダメージを与えることでもあるのです。

ではどのような不摂生が頭皮にとってマイナスとなるのでしょうか。それは次の通りです。

  • 過度なストレスを毎日受け続ける
  • 加工食品を毎日食べる
  • コンビニのパン、おにぎりを毎日食べる
  • アルコールを毎日飲む

この中でも特に改めるべき不摂生はコンビニの食品と加工食品です。日本は世界一の農薬、遺伝子組み換え食品大国です。加工食品の中に遺伝子組み換え食品が含まれていないと考える方が難しいくらいです。また遺伝子組み換え食品は遺伝子を破壊し、添加物は血液にとって毒となります。その為、このような生活習慣があれば、年齢が若くても、AGA・薄毛となる可能性は高くなってしまうのです。

お金をかけられない大学生でもできるAGA・薄毛の対策や治療

AGAや薄毛治療は保険が適用されるの?医療費控除で税金は還付される?

育毛シャンプーや市販の育毛剤で現状を維持しよう

では大学生でAGA、薄毛になってしまった場合は、どのような対策をすればいいのでしょうか。まずは育毛シャンプーや市販の育毛剤を活用して、現状の頭皮を維持することを考えましょう。育毛を促進することが難しかったとしても、せめて抜け毛を減らす為のケアにはしっかりと取り組むことが大切です。

AGAは進行するほど治療が難しくなっていき治療費も高額になっていきます。お金をかけられないからと放っておくともう手遅れになってしまうことも考えられるため、生活習慣の見直しと頭皮の状態をきれいに保つことでAGAの進行を止めることだけは意識しておきましょう。

経済的に余裕ができたらAGAクリニックを検討しよう

AGAクリニックは18歳以上で受診可能です。また良心的な金額設定をしているAGAクリニックなら、月額1万円代後半から基礎的な治療を提供しているところがあります。その程度の費用であればアルバイトを頑張れば捻出できそうですよね。AGA治療は早期治療が欠かせません。

その為、大学生であったとしてもできるだけ早い段階でAGAクリニックに通えるよう、できるだけのことをしましょう。AGAクリニックであれば効果的な治療を受けることができます。

大学生でAGA治療に毎月1〜3万円の費用がかかるのはしんどいかもしれません。しかしAGAは放置すれば、どんどん進行していき、それと同時に治療をすることが難しくなっていきます。20代後半で、後頭部まで薄毛になるような事態は避けたいですよね。大学生であったとしてもAGAになった際はできるだけ早期発見、早期治療を心がけることが大切です。

「AGAコラム」の記事一覧へ